小5 英語書き取りコース

2019/07/11
ロゴ

若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

連日夏期講習のお問い合わせありがとうございます。

どの学年もまだ募集していますので、どしどしご連絡ください!!

 

現在小学生の英語は、「書く」ことを中心に進めています。

今日の5年生の英語では、

①This is a radio.

②That is a camera.

③This is a desk.

④That is a table.

⑤This is a cat.

というthisとthatを使った簡単な英文の書き取りテストをしたのですが、これがなかなか書けないんです。読めはするけれど書けない・・・。

まぁ、英語をはじめてやるわけですから当然だと思っています。

まずは、小学英語の場合、「どれくらい練習したら書けるようになるのか?」、「どれくらい練習をサボったら書けなくなってしまうのか?」を身をもって感じてもらうことからだと思っています。

だから、授業でも書けなかったからと言って叱ったりはしません。

むしろ、

「ほら~やっぱり~!練習ノート見たらあんまり練習してなかったもん!今から10分やるから、再テストしような。」

くらいの声がけ。

児童も、

「あちゃ~。やべぇ~な俺。こんなに書けなかった・・・。よし!先生10分いらない!5分でやる!」

なんて意気込んで練習してくれます。

 

5分後・・・

「よし!じゃあもう一回テストな!自分で言ったんだから書いてくれよ!」

「がんばる!!!」

・・・・・・・・・・・・・・

 

あれ?あれれ?

5問中3問正解・・・残り2問は・・・deskがbesk、tableがtebleになっていました・・・

「だから10分あげるって言ったのに!bとd間違えてるし、tableのaがeになってるよ。」

「マジか~。絶対書けたと思ったのになぁ・・・。よし、先生もう一回!!次こそ!!」

こんな感じで意欲的に取り組んでくれています。

結局この児童は4回目で全問クリア。

 

こちらとしては、まず「英語を嫌だ、難しい」と思ってほしくはないので、「3回目で書けなかったらダメ!」みたいなルールは設けていません。何度でも、書けるようになるまで付き合っています。

今はそうやって、英語を書くことになじんでいってくれればいいのです。

 

[余談]

いやあのですね、英語の問題にこんなのがあったんですが・・・

 

Is this a lemon? No, it's not. It'a melon.

 

これってどんな状況なんでしょうか???

メロンをレモンと間違えるやつっているか~?

絵でも見ながら会話しているのか???にしてもメロンをレモンのように書くやつはいないだろ~~(笑)