「なんでもいい」はウソ?!

2019/08/29
ロゴ

若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

「なんでもいい。」

 

これ、うそですよね!?

 

休日、家族ででかけたときの一コマ

 

車内BGMは、

 

最近娘のお気に入りの

 

「がじゃいも」

 

「ガラガラヘビ」など

 

とんねるず(古っ!)

 

 

私「今日のお昼何がいい?」

 

妻「なんでもいいよ。」

 

私は無類のラーメン好きなので、

 

私「じゃ、ラーメン!」

 

妻「え?ラーメンは嫌だ。」

 

私(さっき「なんでもいい」って…)

 

私「なんでもいいって言ったじゃん。」

 

妻「でも、ラーメンは嫌。ラーメン以外。」

 

私(ラーメン食べたいのに…涙)

 

私「じゃあ、丸亀!」

 

妻「え~、なんか麺類嫌だな。」

 

私(怒・怒・怒・ドォーーッ!)

 

私「全然何でもよくないじゃん!」

 

妻「なんでもいい、ていうか、

 

なんにも考えてなかっただけ。」

 

私(・・・・・なんだと!)

 

私「じゃあ何系?」

 

妻「ん~。パンでいいかな。マックとか。」

 

そこで私は、自分で「何がいい」

 

と聞いておきながらも、

 

私「え~マック~…?」

 

(マックって気分ではない。

 

ここは娘にも聞いてみよう)

 

私「じゃあネネ(娘)は~?」

(めっちゃ赤ちゃん口調で笑)

 

娘「ネネね~ちゅるちゅるー!」

(※ちゅるちゅる=麺類)

(※娘=2歳7ヶ月)

 

妻「そっか~。ちゅるちゅるね。」

 

私(お、お、おい!「そっか~」って…)

 

妻「ラーメンとうどんどっち~?」

(ちょ、さっきどっちも嫌だって…)

娘「ん~…ラーメン!」

 

妻「わかった!じゃぁラーメンに

 

しよう!パパ、ラーメンだって!」

 

もう、「ふざけるな!」と言いたい…

 

なんで私の提案はことごとく却下

 

なのに、娘の言うことは聞くのか・・・

 

ま、結果オーライか!

 

ラーメン食べられるわけだし。

 

娘よ、ありがとう!

 

私「よ~し、じゃあパパおいしい

 

ラーメン屋さんに連れていくね~。」

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

いや、分からない。

 

女というものがわからない。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・

 

こんな話を休み時間に

 

生徒に話したところ、

 

生徒「めっちゃ分かる~。

 

うちもそれよくある!

 

それで父ちゃんと母ちゃんが

 

車の中でケンカみたいになって。」

 

私「で、どうなるの?お前には

 

意見求められないの?」

 

生徒「一応聞かれるんですけど、

 

先生と同じみたいになって、

 

聞いてきたくせに、ダメって・・・。」

 

(どこの家庭も一緒なのか笑)

 

生徒「でも、先生、母ちゃんずるくないですか?」

 

私「ほう。なんか他にも??」

 

生徒「よく、母ちゃんに『夜ご飯何がいい?』

 

って聞かれるじゃないですか?」

 

私(笑笑笑!そっちのパターンか!)

 

私「あるね~、あるね~。」

 

生徒「俺もだいたい急に言われても

 

考えてないんで『なんでもいい』って

 

答えるんですよ。」

 

私「分かる!分かる!」

 

生徒「でも、それ言うと母ちゃんが

 

『なんでもいいは一番困る!』

 

って言うんですよ。自分でも

 

よく『なんでもいい』って言うくせに。」

 

私「いや~、分かるよ、分かる!お前の気持ち笑」

 

私「もう一つ分かった事がある。」

 

生徒「なんですか?」

 

私「『なんでもいい』は男が使っちゃ

 

ダメだってことだ。」

 

生徒「確かに~!」

 

私「だからな、自主勉で何でもいいから

 

ノートさえ埋めればいいってのもダメだ!

 

ちゃんと、自分のやるべきことを

 

主張したノートにしろ!笑」

 

生徒「そこで勉強につなげる~?笑」

 

 

でもでも、ついつい言っちゃいますよね。

 

「なんでもいい」