漢字で書け!!

2019/09/02
ロゴ

若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

土曜、日曜と理社のテスト対策を実施

 

したのですが、どの学年も

 

男子生徒が語句をひらがなで

 

書いてくることが多かったです。

 

こういうところ、

 

塾としてしっかりと姿勢を

 

作ってあげなければ!!

 

と感じます。

 

宿題は「教科書を調べて」

 

やってくるように。

 

と指示を出したのに、

 

なんで教科書で調べた語句が

 

ひらがなで書いてあるのか??

 

これは、「意識」、「習慣」の問題。

 

常に「ひらがなでもいい」と

 

思っているから平気で

 

漢字で書いてあるところも

 

ひらがなで書いてくるのです。

 

それが悪習になっている状態・・・

 

ということは、

 

こちら側がその意識を変えて

 

やらなければなりません。

 

まぁ、それが難しいんですけど・・・

 

まず、「塾のルール」として、

 

漢字で書かなければバツ!

 

とするようにしています。

 

当たり前ですが、

 

こういったことをしっかりと

 

「ルールだよ」と伝えることも

 

実は大切なのです。

 

これを、「なるべく漢字で書け」

 

という言葉で済ましてしまうと、

 

生徒たちには

 

「どっちでもいいんだ」という

 

意識が生まれてしまいます。

 

それをはっきりと

 

「塾のルールだよ」

 

と伝えて取り組ませること

 

も、なんでもないように

 

思うかもしれませんが

 

大切なことです。

 

halでは、そういった

 

「なんでもないようなこと」

 

をしっかりと伝えることを

 

大事にしています。