中3の実力テスト

2019/09/05
ロゴ

若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

沖野中、中3の校内実力テストの

 

結果が返ってきました。

 

判明分をお知らせします。

 

9/6判明分を青字で追加しました。

 

まず、校内順位は10位以内に4名→5名

 

2位、3位、4位、8位、10位。

 

1位が取れなかったのが悔しい!!

 

そして、11位~20位に7名。

 

10番台前半の生徒は、

 

10位以内に入れた生徒ばかり。

 

油断、慢心が招いた結果です。

 

今回の実力テストでは、

 

10位以内に7名はいけたはず。

 

それなのに4名(5名)とは・・・

 

今日は生徒にその話をして、

 

「悔しくないのか~!」

 

「くやしいですっ!!」

 

と、スクールウォーズばりの熱い展開に。

 

(半分冗談です)

 

スクールウォーズのこの名場面、

 

この「悔しくないのか!?」

 

「悔しいです!」

 

ばかりがクローズアップされがちですが、

 

そのあとのセリフが実にいい。

 

「悔しいですっ!」

 

と一番最初に声を上げた生徒が、

 

「今までは負けんのは当たり前だと

 

思っていたけど、ニヤついて

 

ごまかしていたけど、

 

今は悔しいですっ!」

 

って言うんですよね。

 

これですよ、これ。

 

うちの生徒にも持ってほしい感情、

 

気づいてほしいことは。

 

自分をごまかさないでほしい。

 

2位だった生徒も、3位だった生徒も

 

ニヤついてごまかしたり、

 

言い訳をしないでほしい。

 

 

そしてこの後滝沢先生(山下真司)が、

 

「悔しいのは誰だってそう。

 

でも思うだけじゃダメだ!」

 

みたいなことを言うんですよね。

 

そして、

 

「お前たちそれでどうしたいんだ?」

 

「勝ちたいです!チキショー!」

(109-0で負けた相手に)

 

「でもな、勝つためには並大抵の

 

努力では勝てないんだぞ!」

 

「どんなに苦しくても、言い訳は

 

きかないんだぞ!お前たちそれでも

 

勝ちたいか?」

 

「勝ちたいですっ!」

 

「よく言った!俺が必ず勝たせてやる!」

 

そしてそして、

 

「これからお前たちを殴るっ!!」

 

ってシーンに突入するわけです。

 

もちろん、私は殴りませんよ。

 

ただね、テストにはこのくらいの

 

熱量をもって取り組んでほしい。

 

そして、

 

「俺が必ず勝たせてやる!」

 

このセリフ。自分に言い聞かせています。

 

もちろん、勝負するのは生徒たち自身。

 

しかし、生徒たちを勝負できる

 

土俵に立たせ、勝つための知恵や

 

実力をつけさせるのは私の役目。

 

「俺が必ず勝たせてやる!」

 

この言葉を自分の胸に、

 

これからの指導にあたって

 

いきたいものです。

 

 

いや~、スクールウォーズのこと

 

書いてたら、また見たくなったな。

 

今からツタヤにでも行こうかな(笑)

 

 

 

(不良と言っても、水原はヤバすぎ)