小6 「読解はかせ」の授業

2019/10/01
ロゴ

若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

今日の小6「読解はかせ」コースのテーマは、

 

「アフリカに貧しい国が多いのはなぜ?」

 

いや~まいった、まいった。

 

本題に入る前に、

 

私「アフリカにある国知ってる人~?」

 

A「え~!アフリカが国じゃないの?」

 

B「ドイツ??」

 

私「それヨーロッパだから!」

 

C「ヨーロッパは国じゃないの?」

 

私「おいおい、やめてよ。」

 

私「アジアって言ったら国じゃないよね?

 

それと同じでヨーロッパも国名じゃ

 

なくて、地域名だよ。分かった?」

 

私「で、アフリカにある国は???」

 

一同「ヒント!ヒント!」

 

私「しょーがないなぁ。チョコと言ったら?」

 

A「分かった分かった!ロッテ!」

 

私「お、おい・・・。マジで言ってんのか?」

 

A「チョコレート♪ロッテ~♪でしょ。」

 

私「ロッテは社名でしょ(笑)」

 

B「はいはい!ガーナ!」

 

私「お、正解。それ以外はどう?」

 

C「全然わからない・・・。」

 

私「そうかそうか。まずそこからだよね。

 

例えば~・・・。」

 

そんな感じで始まった今日の授業。

 

いや、いいんですよ、最初は

 

知らなくても。

 

こういうのをきっかけに、

 

地図を見たり、ネットで調べたりして

 

覚えてくれれば。

 

授業では、

 

「アフリカが貧しくなった原因」

 

について、文章を読みながら

 

みんなで考えました。

 

原因の一つは、

 

「若い男性が奴隷として他の地域に

 

連行されてしまったこと」

 

「部族間の抗争が絶えないこと」

 

「長期間の植民地支配によって、

 

リーダーとなる人材が不足していたこと。」

 

「植民地支配によって、工業力や

 

農業技術が他国に比べ

 

著しく遅れていたこと。」

 

 

などが挙がりました。

 

文章を読んで考えるときは

 

いたって真面目です。

 

こうやって、少しずついろいろな

 

知識を吸収していってくれればなぁ

 

と思います。