英単語ノルマ学習

2019/10/28
ロゴ

若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

中学生は、各学年毎月英単語のノルマを

 

課しています。

 

大体、毎月50語程度の単語の

 

書き取りをノルマとして課しています。

 

受け方はかんたん。

 

塾の入り口の下駄箱の上に

 

各学年のノルマテスト用紙が

 

おいてあります。

 

生徒は1日1回、そのプリントを

 

とって自由にテストを受けられます。

 

ただし1日1回!

 

そしてクリア条件は全問正解!

 

1問でも間違えば、翌日以降に

 

再チャレンジ!といったやり方です。

 

月末最終日は、何度やってもいい

 

というルールにしていますが、

 

その場合、翌月のノルマ達成期限が

 

一週間縮まります。

 

このノルマ学習、ようやく

 

中1の生徒にも根付いてきました。

 

中3ともなると、声がけせずとも自然に

 

取り組んでくれるのですが、

 

下の学年ほど、声がけをしないと

 

なかなかやらないんです・・。

 

ただ、今月は中1の男子生徒が

 

自習に来るようになりました。

 

誰かがやり始めると、周りの子達も

 

やるようになっていくものです。

 

これをきっかけに、

 

女子連中も自習に来てくれると

 

いいのですが・・・。

 

やはりね、いくら文法を理解していても

 

単語が書けないのではテストで点数は

 

取れませんよ。

 

「意味は分かっている」だけでは

 

定期テストでは得点できません。

 

しっかり書けないと。

 

「英語が分からない」という生徒ほど

 

実は英単語をおろそかにしていたりします。

 

結局、「分からない」のではなく、

 

「やることをやっていない。」場合が

 

多い気がします。