小学5年「読解はかせ」

2019/12/03
ロゴ

若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

小5の「読解はかせ」の授業では、

 

形容詞の形を変化させて、「~さ」「~み」

 

という言葉をつくる問題がありました。

 

例えば「寒い」→「寒さ」

 

「からい」→「からみ」のように。

 

これは結構簡単かな?と思いきや、

 

珍解答続出笑!!

 

A「俺これ分かる!めっちゃ書いてきた!」

 

私「ほう。じゃあ答えてくれ!」

 

A「大げさ!!」

 

私「はい???あの~キミ、ちょっと・・・。」

 

A「ダメなんですか~?さで終わってるし!」

 

私「いやいや、問題には「~い」で終わる

 

単語の形を変えろとあるだろ。

 

大げさって・・・。

 

もとは『オオゲイ』ってことか笑?」

 

A「何ぃ~!ダメじゃん!あ、

 

でも今わかった!先生、これは??」

 

A「センダサっ!!」

 

私「はい???今なんと??」

 

A「だから~、センダサだってば!」

 

私「ん??どういう意味?」

 

A「仙台ださい!笑」

 

私「あのね~・・・『~い』で終わる

 

単語って、暑いとか小さいとか、

 

様子を表す言葉で・・・」

 

A「そゆこと~?!簡単じゃん!!

 

暑さ、寒さ!」

 

私「はいはい、そういうこと!」

 

A「めっちゃあるじゃん!甘さでしょ、

 

苦さでしょ。あとは・・・

 

美しさ、面白さ、楽しさもか!」

 

私「お~いいねぇ~!

 

じゃ、次の『~み』は?」

 

B「俺分かるよ。うまみでしょ、

 

からみでしょ、にがみもでしょ!

 

先生、しょっぱみはダメ?

 

私「普通に言わんだろ笑」

 

B「あとは厚みとか重みも考えた!」

 

A「お~スゲー!

 

俺全然わかんなかった、こっち。」

 

私「いやいや、お前『~さ』の方も

 

分かってなかったから笑!

 

Aさ、『~み』のほうは?」

 

A「もうBが言ったじゃん!

 

だからムリみ~!

 

私「アハハ!!だめみ~!」

 

A「あ!ヤバみ~!

 

これはほんとにヤバみ~・・・だな。