塾長の「沖野愛」その2

2020/02/26
ロゴ

若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

さて、前回は中1、中2の新コース

 

のご案内をしましたが、

中学生 

「沖野教室完全リニューアル!!」

中1・中2新コース!

「毎日コース!」

月曜~金曜(沖野教室)

費用:24,200円(税込)

時間:学校終わり次第~20:30の間で

当日課題が終われば終了!!帰宅!

~学校、部活帰りに塾に来よう!~

・毎日勉強しない

→「毎日塾に来ればいい!」

・何をすればいいかわからない

→「塾で課題を見つけてあげればいい!」

・宿題が多い

→「宿題出さなきゃいい!」

・長時間授業は集中力が・・・

→毎日短時間(60分~90分)

 

「毎日コース!」はこんな悩みを

一気に解決!!

しかも対応教科は5教科!!

「毎日ちょっとずつ」

がコンセプトです。

 

今回は、このコースを思い立った

 

背景その2です。

 

それはずばり内申点!!

 

毎年halでは、

 

「偏差値は上がったのに内申点が・・・。」

 

という生徒が多数います。

 

今年の在塾生の例だと、

 

偏差値65、内申3.7

偏差値68 内申3.8

偏差値66 内申4.0

偏差値60 内申3.5

 

といった具合に、

 

偏差値と内申点のバランスが悪く、

 

内申点が、受験校を決定する際の

 

大きな不安材料になってしまう

 

生徒が多いのです。

 

特に中1、中2の内申点が低く、

 

中3で内申点を爆上げしても、

 

中1、中2の「負債」を返しきれない

 

という生徒を多く見てきました。

 

塾では、中3になった生徒の中1、中2時の

 

内申点を上げることはできません。

 

偏差値は上げることができますが。

 

ただ、中1からしっかりと学習習慣を

 

つけてあげられれば、

 

中1から勉強に取り組む姿勢を作って

 

あげられれば、

 

このような状況を改善できるのです。

 

中1、中2時の評定が良ければ、

 

見える未来が劇的に変わる

 

と思うんです。

 

評定を取りにいくためには、

 

学力以外の部分、授業に取り組む

 

態度、姿勢などもかなり重要。

 

評価を下すのは、「人」ですから。

 

いくら「絶対評価」とはいえ、

 

関心・意欲・態度の部分に関しては、

 

先生の「主観」が入ってしまうんですよね。

 

自分では授業をしっかり聞いている

 

つもりでも、先生から見てそうなって

 

いなければ、マイナス評価になって

 

しまいます。

 

ただ、そういった関心・意欲・態度に

 

関わる勉強に取り組む姿勢を教えるのって

 

数学の公式を教えたり、英文法を

 

教えたりするのと同じようには

 

できないんですよね。

 

毎日「外から」指摘をしてやらないと。

 

ということからも、

 

「毎日生徒に関わる」

 

ことが大事なんじゃないか!

 

と思ったわけです。

 

 

あとはですね、もう一つこの新コース

 

を思い立った背景があるのですが、

 

それはまた次回にでも。

 

次回予告

「料金設定じゃない!環境設定だ!」

です。