テスト直前はビビッてオッケー

2020/11/13
ロゴ

仙台市若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

テスト直前になると、よく

 

「先生、不安で勉強手につかないよ。」

 

だとか、

 

「ビビッてミスを連発しちゃうんです~。」

 

なんて声が聞こえてきます。

 

テスト前は不安でいいんです!

ビビりでいいんですよ!

その不安に対して何をするか?

を考えて徹底すればね。

 

勉強とは関係ないのですが、

私の場合こういう不安を感じて対処します。

(対処というほどのことでもありませんが…)

家を出るときや

仕事から帰るとき、

教室を出るときに、

机の上にペットボトルのお茶があったとします。

そのペットボトルのキャップが開いていた。

またはちゃんとしまっているか分からない。

 

もし、家を空けている間に、

教室を開けている間に

地震が来て、ペットボトルが倒れたらどうなるだろう?

きっと、中身がこぼれてパソコンにかかって、

パソコンが壊れて・・・

あ~まずい!

ちゃんとキャップ閉めてから帰ろう!

こうなるわけです。

 

また、車のガソリンも同じく。

燃料のメーターが半分くらいになると、

東日本大震災のことを思い出します。

当時はなかなかガソリンが入れられなくて、

本当に困りましたから。

 

よし、まだまだ走れるけど、

何があるか分からないから満タンにしておこう!

と思いガソリンスタンドに向かうわけです。

 

テスト前の不安もこれに似ていて、

しっかり対処すればいいんですよ。

例えば、教科書を読んでいて、

「この語句確認してなかったな。

もしテストに出たらどうしよう?」

こうなったら、私が机の上の

ペットボトルのキャップを閉めるがごとく、

確認すればいいんですよ。

覚えればいいじゃないですか。

 

そうやって不安の種を

1つでもなくしていけばいいわけです。

 

むしろ、問題集などをやり切ったことに

満足して、何の不安も感じない

ほうがよっぽど危険です。

 

ただ、ある程度勉強していないと、

その不安の根拠は見えてきませんよ。

 

逆に「根拠のある不安」を感じられるようなら、

しっかりと勉強している証拠ですよ。