2021年 公立高校入試 数学

2021/03/10
ロゴ

仙台市若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

今回は今年の公立高校入試問題の

数学についてです。

 

数学は、

上位層の生徒にとっては100点が

取りやすいテスト。

中・下位層の生徒にとっては、

そこまで得点を取りきれないようなテスト。

といった印象をうけました。

 

問題自体は簡単でしたが、

中下位層の生徒にとってみれば

「なんじゃこれ?」

って問題が多かったのでは?

と思います。

特に第2問、第3問は問題を見て

面食らってしまう生徒が

多かったのではないでしょうか?

解説すれば、

「な~んだ。簡単じゃん!」

となるような問題ですが、

試験当日、その場で落ち着いて

解けなかった生徒は

けっこういたと思います。

 

ふだんのみやぎ模試で、

80点以上取っている生徒であれば、

100点を取れた問題ですが、

いつも60点台とか、それ以下の生徒に

とってみれば、

「簡単だったよ。」

と言っても

「え?うそでしょ?」

って返事が返ってきそうな感じです。

 

ですので、上位層の生徒たちは

本当に差がつきにくいテストとなって

しまいましたが、

中下位層の生徒たちの場合、

得点に差が出る問題だったと思います。

 

トップ5高以外の高校の場合、

案外数学は差がついてしまう

教科かもしれません。