2021年 公立高校入試 英語

2021/03/12
ロゴ

仙台市若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

今回は英語について。

英語は例年通りの難易度だった

のではないかと思います。

 

リスニングの問題3は、

会話を聞いた後に、

その会話について質問があり、

質問の答えを記号で選ぶものでしたが、

ここは中下位層の生徒にとっては

厳しかったのかな?と思います。

 

例年と同じ難易度とはいえ、

英文の量が増えているようには

感じました。

だから、ぱっと問題を見た瞬間に、

「あ~ダメだ~・・・。」

なんて思った生徒もいたでしょう。

本文も英語、質問も英語、

選択肢も英語となると、

英語が苦手な生徒にとっては、

読み切れないというか、

読めなかったのでは??

 

あと、個人的に思ったのは、

注釈の単語は、

「これは注釈つけてくれよ」

だったり、逆に

「これに注釈いらんだろ」

ってのが少々。

volunteerに「ボランティアの」

とかguideに「ガイド」

と注釈つけるなら、

shareに「共有する、共にする」

とかhoweverに「しかしながら」

って注釈をつけてくれって思いました。

それと、lateに「遅く」とかいらないだろ。