2021年 公立高校入試 国語

2021/03/15
ロゴ

仙台市若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

今回は国語について。

今年の国語は少し難しかった

かもしれませんね。

 

文学的文章(第2問)や、

説明的文章(第3問)は

例年通りの難易度だった

と思いますが、

古文(第4問)が難しかったの

ではないでしょうか?

ちょっと読みにくかった気がします。

文章量も昨年より若干増えました。

配点も昨年に比べ2点増。

 

問1の現代仮名遣いに直す問題

だけ解けて、残りの問題は「?」

という生徒も多かったように

思います。

また、第1問のグループ討論の

会話文と進行案を読んで各問に

答える問題が難しかった

ように感じました。

 

作文(第5問)は

「国語の乱れをどう感じるか」

という題を、中学生3人の会話文を

読んで、誰の意見に注目したかを

理由も含めて書きなさいという問題。

比較的書きやすかったかな?

自分の体験例なんかも踏まえて

理由に結びつけやすかったと思います。

 

全体的に第4問(古文)と

第1問が難しめだったぶん

全体としても難しめだったかな

という印象です。

 

 

入試前日に漢字の読み書きを

塾生みんなにやってもらいましたが、

漢字の読み書き自体が

昨年より2問減っていましたね。

これからもこの量になるのか?

そして、相変わらずの

小学校までに習った漢字を

出題する傾向は今後も継続なのか?

個人的には、中学校で習った漢字を

多めに出していいと思います。