小5の読解はかせ

2021/04/13
ロゴ

仙台市若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

今日は小5の「読解はかせ」の日。

 

「ワサビが、すしやさしみにそえられるのはなぜ?」というテーマの授業です。

「読解はかせ」コースは、教科書準拠ではない文章を読んで問題を解いていきます。

小5の以降のテーマは、

・「ちくわに穴があいているのはなぜ?」

・「石焼きいもにするとおいしいのはなぜ?」

・「『石油のなる木』があるって本当なの?」

・「ヘビはどうやって進むの?」

・「ペンギンは北極にもいるの?」

などなど。まあ大人でも「なぜ?」と感じるものがたくさんあります。

国語の読解問題を解きながら、いろいろな知識や雑学を身につけていけるというのが「読解はかせ」です。

 

今日は5年生の初回授業だったので、気持ちをほぐすために「寿司で何が好きか?」なんて話をしながら授業を進めました。

 

「なぁなぁ、寿司で一番好きなの何?」

 

「え?かんぴょう巻き!!」

(なんか小学生らしい答えでほっこり)

「先生は~?」

 

「先生?う~ん、、、サーモンかな。」

 

「え~!サーモン?なんで?」

 

「いや、なんでってさ、おいしいからじゃん。そういやさ、お寿司にワサビつけて食べる?」

 

「先生、かんぴょう巻きにはワサビつけないでしょ!!

 

「ま、まぁそうだな。というかさ、かんぴょう巻きしか食べないわけじゃないでしょ?」

 

「俺ね、回転ずし行ってもほとんどかんぴょう巻き。」

 

「ど、どんだけかんぴょう好きなんだよ(笑)」

 

「というかね、あんまりほかの食べないよ。」

 

「なんで?アレルギーとか?先生の子どももねアレルギーで魚が食べられなかったりするよ。」

 

「そうなんだ。俺はそういうことじゃなくて、単純に甘いやつが好きなだけ~(笑)」

 

「じゃあ、ワサビはつけないな。でもさ、ワサビは殺菌効果があるから良いって書いてあるよ?今度つけてみたら?」

 

先生さ、いつもそうやって俺のこと試すよね?この文章にさ、「なま魚にあたらないように」って書いてるし、「魚の生臭さを消し、風味をよくするため」って書いてあるじゃん!かんぴょうは関係ないでしょ!!(笑)

 

「お~!確かに!!すげ~じゃん!内容つかめてますね~。」

 

「それに先生はどう思う?かんぴょうにワサビって?俺はかんぴょうの甘いのが好きなの。ワサビつけたらからくなって甘くなくなるでしょ。かんぴょう食べる意味なくなるじゃん!」

 

「お~!なんだか筋が通ってるぞ!いいね~。」

 

「なんかさ、寿司食った気分になって眠くなってきたよ、先生。」

 

「え?すごい特殊能力だな。普通さ、寿司の話してたらお腹すいてきたよ。じゃないの?」

 

「う~ん。なんかもう食べた気分でお腹いっぱいで眠い・・・。先生今日寝ていっていい?

 

「ど・ん・だ・け!!!!」