小5の英語

2021/04/15
ロゴ

仙台市若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

今日は小5の英語の日。

英語はアルファベットの大文字、小文字からスタート。

先週の授業で練習してくるように宿題を出していたので、チェックテストから!

 

やっぱりやってしまった!!bとdを逆に書いてしまう・・・。

(中学生でもいます・・・。Yes,I bo.とか書いちゃう生徒)

うちでは、このように教えています。

「間違いやすいbとd、pとqは顔が向かい合う順番だよ!

「背中合わせじゃないからね!」

これで結構間違いは減ります!!

 

そのあとはローマ字書きの確認。(英単語ではなくて。)

まずはアルファベットと発音の対応を理解しているかを確認していきました。これができていない子にいきなり、「サッカーはsoccerだ!とかカメラはcameraだ!とか言っても練習成果が薄くなってしまうので。

最後は数を0~20まで英語で言えるか?を確認しましたよ。

やっぱり11以降は難しい!!

12twelveと20twentyが反対になったり、フィフティーンをファイブティーンと言ってしまったり。

今日はそこを何度も繰り返して、授業中に全部言えるようになってから帰ってもらうようにしました。

 

「来週ちゃんと言えるかテストね!今日の宿題はこれ!おうちの人にも聞いてもらうといいよ。何回も声に出して練習してこよう!!」