息子の食物アレルギー

2021/06/08
ロゴ

仙台市若林区沖野、六郷地区のhal学習塾です。

 

1歳半になる私の息子ですが、アレルギーがたくさん。。。

 

乳製品に、卵黄、卵白、小麦・・・

どれもアレルギーの数値が高く、なんと入院することになってしまいました。

とはいっても、「負荷試験」というもので、入院してお医者さんがいるところで、卵白や乳製品をちょっとずつ与えるというものなんですがね。

 

それにしても、食物アレルギーで入院するだなんて思ってもいませんでした。

いや、実際大変なんですけどね。

小麦、卵黄、卵白、乳製品って・・・

うどん食べられないし、ラーメン食べられないし、お菓子も成分見ないとあげられないし・・・

 

外食しようにも、食べられるものがほとんどないんですよ。

普通に食べられるようになるまで、どれくらいかかることやら・・・

 

ただ、勉強にも「アレルギー」はあるんじゃないかな?

なんて思います。

 

「数学アレルギー」、「英語アレルギー」、「歴史アレルギー」などなど。

 

アレルギーのない子からすれば、

「なんでこんなのできないの?」

って問題でも、「アレルギー」体質の子からすれば、拒絶反応が・・・。みたいな。

 

こういう場合の選択肢は2つ。

①食べない!!(その科目は勉強しない!!)

②少しずつ与えていく。

 

食べ物の場合、ものにもよりますが①を選択することは可能ですね。

勉強の場合・・・どうなんでしょう??

もちろん①を選ぶのもありかもしれません。

ただ、やはり②の道で少しずつ体質改善していくというのが、私たちの役目だと思うんですよ。

これには特効薬はないのだと思います。

少しずつ与えて、

「あ、これくらいなら食べても平気だ!」

 

「じゃあ、次はほんの少し量を増やしていこう。」

 

こんな感じでやっていかなければならない子も多いんだと思います。

 

一気に与えすぎると・・・

 

それこそアレルギー症状が出てしまいますからね。